500文字の心臓

トップ > タイトル競作 > 選評掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>選評掲示板

【選評】エとセとラ - 磯村咲

2018/10/11 (Thu) 21:48:42

面白いタイトルだと思ったのですが、作品少なかったですね…
運動会や台風への備え、その他いろいろお忙しかったのですね、きっと。

〇<エとセとラ1>
>夏が始まると子供達は専用の装備で山に川に、果ては海にまで採集に出かけ

このタイトルでこういう作品もありであることにまず驚きました。
標本作りについての説明が続くが、疑問が残り納得は得られない。
標本を完成させたらしいただ一人の子供はその後亡くなっていることを記して話はぶつりと終わる。
この奇妙な余韻、どこか閉じられた異境に、カタカナとひらがな交じりで綴られたタイトルが次第にしっくりしてくるのです。
不思議だなあ。


〇<エとセとラ2>
> 固ゆでのゆで卵を作ろうとすると、いつも半熟卵が出来てしまう。これは私

この作品も、こういうのもありなのかと驚きました。
これもどうしても半熟になってしまうゆで卵についての説明が続きます。詳細にわたる描写はユーモラスで、そしてそのまま終わります。
それでなんだか エとセとラ なんだよな。不思議だなあ。


△<エとセとラ3>
> 血尿が止まらない朝。

そしてこの作品も、こういうのもありなのかと驚きました。
1,2と読み進めて3話目だったので少し驚きが緩和され△になりましたが、選択された言葉が面白く、主人公の体には申し訳ないですが楽しめる作品でした。


△<エとセとラ4>
>鉛筆と 染筆どちらも 乱筆ね

江川さんと瀬川さんの軽妙なやり取りが面白かったです。でも「男かよっ!」のつっこみで、私はなんとなくルールが分かっていない。


×<エとセとラ9>
>忘却の記憶から、綴られた淡い夢が燻る。一筆にならない乍らも、なお風に想

もし、エクセトラ。
という終わり方は素敵です。エクセトラと発音する人もいるのですね。知らなかった。
ここが 「もし、エとセとラ。」 だったらまた印象が違うなと思いました。
深読みすると「律儀な回答を大らかな自明にする。」ということなのだろうか。

以上です。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.