500文字の心臓

トップ > タイトル競作 > 選評掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>選評掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

【選評】百年と八日目の蝉 - テックスロー

2017/08/16 (Wed) 23:36:11

こんばんは。

燃え尽ききれなかった思いの残滓のようなイメージの「八日目の蝉」。同名の小説は読んだことはありますが、いまひとつあの小説がそのイメージに沿っていたかどうか、内容も朧気なんですが、片足を引きずって歩くような感じだった気もします。そこに百年という言葉が引っ付きますが、幼虫時代なのか、成虫になってからなのかで解釈は変わりそう。
選評です。

△<百年と八日目の蝉7>
> おれたちは、おまえらの尺度で生きているのでは無ぇというのに、
なんかほっとしました。杓子定規に百年と八日というのを、(無理やりにでも)解釈して入れ込もうとする作品が多い中、それを尺度として切って捨てる潔さ。
百年も、「八日目の蝉」も、時間の解釈だけなので、そこで鳴らし続けるセミの声。
ロックンロールが聞きたくなります。

〇<百年と八日目の蝉1>
>百年なんて、馬鹿おっしゃい
小気味いいテンポでハイハイ、百日も八日も入ってていいね、オッケー! と読み飛ばしていたのですが、なかなか含蓄があって、いいな。無責任な父親と過保護な母親、刹那的な友人、その間で何も変わらないことは自分だけが知っている。解釈や意味づけに対する反発という意味では<7>によく似ていると思います。百年を「長い間」八日を「短い間」として対比させている点はとてもよかったです。タイトルは百年八日目、もしくは36500日+25日+8日で36,533日目の蝉ではないので、タイトルの言葉を登場させるなら、百年にも、八日にも、何らかの意味を持たせてほしかったので、この作品はそういった期待に応えてくれたため、支持します。

×<百年と八日目の蝉13>
> それは長いあいだ名前を知らずに蹲っていた。
 創世記っぽさがいいと思いました。展開も好みです。だからこそ百年と八日のところの解釈をもう少し踏ん張ってほしかったなと思いました。

〇<百年と八日目の蝉5>
> 気付くとこの地で倒れていた。
 日付の切り取るこわさというか。長いこと、長いこと、幸せに暮らしましたとさ。という民話だったり、昔話だったりあるのですが、そこにじゃあぶっちゃけ何年何日経ったの、って物差しを入れると、立ち現れる百年と八日目。前述の36,533日目として解釈をしてもいいし、百年と八日目、つまり永遠の命を与えられたものとして解釈してもいい。たぶん主人公は後者を桃を食べながら感じて、「幸せ」といったのかもしれない。そこまではいい。昔話的にも、ハッピーだ。問題はそのあと、「幸せだったのさ」という爺さん。そういう計りを持っていたころの幸せはもう感じることができないという残酷さ。いったい何年そこで桃を食っているのか。そして爺さんはそう遠くない未来に時間を感じられた幸せを忘れてしまうのか、もしくは消えていった、もう感じられない幸せの記憶だけがどんどん積み重なっていくのか。いずれにせよ。



【選評】百年と八日目の蝉 - 氷砂糖

2017/08/16 (Wed) 16:29:22

票を入れた作品を番号順に並べているのですが、正選・逆選・次点の順で並べたほうが管理人様は集計しやすいのでしょうか。

----

○<百年と八日目の蝉7>
> おれたちは

どこが優れているのかうまく言語化できないのですが、一目惚れです。
べらんめえ調っぽい語り口で、語り手に生き物の強さみたいなものを感じました。
強さと儚さ、アンビバレントなものが同居しているように読め、面白いです。
正選。


△<百年と八日目の蝉9>
> りゆ婆が食べなくなった

前半すごくいいのに、後半はタイトルの説明のみに終始していて残念です。
次点。


○<百年と八日目の蝉10>
>永遠と玉響の

今回、ダイレクトに蝉について書かれたものは評価を下げ気味にしたのですが
この作品は「蝉」という単語を出してはいないものの蝉について描かれています。
難読漢字を使った単語が印象的で、印象派の絵画のような効果を出していて面白かったです。
印象派の絵画と書いてしまいましたが、受けるイメージは影絵のようです。
正選。


△<百年と八日目の蝉12>
>漠々たる世界で

一行作品として飛びぬけて優れているとは思えませんが、
長く語りたくなりそうなタイトル(実際、今回は長いものが多かったですね)を
この短さで切りつけようとした心意気に。
次点。


×<百年と八日目の蝉14>
> 百八蝉については諸説ある

括弧が二種類使われている意図が読めませんでした。
坂元輝氏、この作品で初めて知ったのですが、私の好みより上品ですね。
(まあ私はジャズというよりピアノインストを好んでいますが)
(よくわからないミーハーアピールすみません)
検索しても該当曲は見当たらないようなのですが、
実在の人物に括弧内、特に「」内を語らせるのは、どうにも説得力が欠けているように思えます。
どちらかというと、「アイデアの失敗」というよりは「演出の失敗」という感じです。
逆選。


----

以上です。よろしくお願いします。

【選評】百年と八日目の蝉 - 空虹桜 URL

2017/08/15 (Tue) 21:36:52

あっ!選評書く前に枕書くの忘れてた・・・
全作読んでから枕書くと、
期待感みたいなモノが萎んだあとなので、
みみっちぃことしか書けないんですよね。
せめて枕ぐらい、風呂敷広げたいじゃないですか!(なんの話だ)
そう。とりあえず、このところより1作増えて全16作は良きことかな。

○<百年と八日目の蝉2>
>パッと咲いてパッと散る、は
正選が足りなかったので次点からの繰り上がり。
ポピュラー音楽評論文体って、
日本では渋谷陽一に対してどういう立ち位置かを表明することとニアリイコールで、
その意味で本作はネタとして機能してるんだけど、
超短編的にそれを楽しめる人がどれだけいるか?というと微妙で、
アタシは最初と最後の段落だけでも良かったかなぁと。
60年後にピストルズ意識するか?ってところで引っかかるマニアックな人がいたら、
モーツァルト生誕何年とか、未だにやる文明なんだから!ってのが解になるかな。

○<百年と八日目の蝉9>
>りゆ婆が食べなくなった。お
うん。
評価するのはアタシだけかもしれないけれど、これは良い作品です。
地に足がついてるのに浮かんでいるなんとも言えない浮揚感こそが、
この作品のキモで、実のところ、微妙に外してる気がしないではないけど、
描きたいことは、ちゃんとユニークです。
誰にも書けない作品へ、きちんと正選を。
もちろん、限りなく死に近い祖母を見舞った記憶が、
刺激されたことを否定するものではないです。

△<百年と八日目の蝉14>
>百八蝉については諸
ごめん。最後の、そのSF展開いらないんだ。
どうせ嘘なんだから、取り繕わなくても、
嘘のまま突き進んでくれればいいのに。
ちょっと、だいぶ残念でした。
好きであることと蘊蓄が語れることは、イコールじゃないし、
蘊蓄を是とする文化は滅びるだけです。

×<百年と八日目の蝉15>
>「博士、すごい発
好意的に逆選。
もう、このしょっぱい展開を勇敢にも書いたことを評価。
この芸風、アタシが飽きるまでは確実に逆選一票稼げますよ。

<百年と八日目の蝉1>
>百年なんて、馬
最後の段落だけで良い作品だけど、
最後の段落だけにしても、もう一息欲しい。
なんのために超短編読むのか?
って、観点が弱いんじゃないかなぁ。

<百年と八日目の蝉5>
>気付くとこの地で倒
うん。蝉が見出せない。
ごめんなさい。
最後、幸福の反転は大変好みです。

【選評】百年と八日目の蝉 森野照葉

2017/08/13 (Sun) 21:40:15

久方ぶりの投稿となりました。森野照葉です。

では、まずは逆選から

×百年と八日目の蝉12

>漠々たる世界で、一度の絶叫より孤独を鳴き続ける。

 『私はこの一文から鋭い切れ味を感じませんでした。一文で書くということは、それ相応の覚悟と表現したい世界の切り取り方が重要だと私は考えています。【百年と八日目の蝉】という題でこの一文を出されても、そこに意味を見出しにくいと私は感じました。
 結構深読みをしてしまう質なのですが、この一文には深読みさせるほどの勢いが無く、疑問ばかりが浮かびました。

 1.なぜ百年と八日目なのか。
2.一度の絶叫よりとあるが、それまでの間に何があったのか。
3.孤独を鳴くとはどういう意味か。

しばらく考えてみたのですが、答えは出せませんでした。たまたま百年と八日の寿命を与えられた蝉が、成虫になってみたら周りがみんな死んでいて、寂しいから鳴く。くらいの想像しか出来ませんでした』



続いて、正選を。

〇百年と八日目の蝉3

>紅い花が咲いた。

『タイトルとの関連性は二の次として、全体的な「気持ち悪さ」が目立ち、読む度にうっすらと鳥肌が立つような作品でした。逆選にあげた作品と同様に疑問が多い箇所もありますが、その疑問が効果的に不気味さ、気持ち悪さを表現していると感じました。特に最後の一文の次に何が起こるのか。何か予期せぬ恐怖が襲ってくるのではないかと想像してしまいました。見てはいけないものを見てしまう者達の心理みたいなものが、上手く表現されていると思いました。』
続いて、二つ目の〇を。


〇百年と八日目の蝉4

>陽炎が揺らめく中、蝉のじいじい鳴く声が聞こえる。

 『これも正直、疑問点は多いんですよ。なぜ蝉なのか、七日目の蝉じゃなぜ誤るのか、なぜ赤子になるのか。あまりにも500文字から削ぎ落されている部分が多かった。確かに500文字という制限ですから、想像の余地が生まれるのは仕方がありませんが、その想像の余地の作り方も重要だと私は考えます。
この作品のテーマはなんですか?と尋ねた時に、どんな解答が返ってくるのか、正直良く分かりません。この作品は恐らく蝉を潰すと赤子に戻る話らしい、ということしか伝わりません。読み終えても、で?という感想しか持ちませんでした。でも、他に特選もなく、正選に推すほどの作品も無かったので、これにしました』

総評
以前までの私は、文章の流麗さに心惹かれておりました。全文評という愚にも付かない徒労を重ねておりましたが、最近は『伝えたいことは何か』という部分に着目し始めており、今回はその基準で選びました。伝えたいことを伝えるのは難しいことかも知れませんが、何かしら伝わるものがある作品を、正選に推したいと考えております。【500文字の心臓】というサイトは実にゆったりと時間が流れ、許容範囲がとてつもなく広いサイトですから、私もそんなに集中することなく、ゆったりとなんとなくで評価しようと思った次第です。
では、またの機会に。

【選評】百年と八日目の蝉 - 脳内亭

2017/08/11 (Fri) 14:09:24

 コンニチハ、脳内亭です。

 何となく、いつもとはちょっと毛色の違う作品が今回は多く集まってるような気がしますです。というか、SF祭?

 ところで、蝉の成虫ってホントは一ヶ月くらい生きるらしいですよ。飼育下だと一週間で死んじゃうから、一週間の命だとおもわれてるのだとか。
 また、13年に一度、或いは17年に一度の周期で大量発生する素数ゼミなんてのもいるらしいですし、幼虫期間を含めれば昆虫の中でも長生きの部類なんですよね。

 それはさておき、今回は新規の方も参加されてるようですから、改めて書き方の簡単な説明を加えながらの選評をしてみようかとおもいます(渡りに船的な)

では選評です。よろしく願います。


 ・まず、正選作品(○)を二つ選びます。※必須
 ・一作品のみを特選(◎)として選ぶこともできます。

 ・作品番号と、冒頭の一行目を引用してから、選評を書きます。


○百年と八日目の蝉3
>紅い花が咲いた。

 変化球的な作品が多いなか、割と正面から挑んでるところを買います。終わり方が上手いなとおもいました。
 三点リーダは二つ組みが基本ですけれど、この際それは問いますまい。


○百年と八日目の蝉14
> 百八蝉については諸説あるが、その多くは【Cicada Of 108】というJazzの楽曲に由来すると言われている。

 何か、ツボにハマりました。幾つかの他作品にも見られますが、蝉の声ってやっぱり音楽を想起させるんですかね。
 ブルースに比べてジャズには明るくないですが、聴いてみたいなとおもわせます。
 蝉の声が人間と同じである必要あるかなと、そこだけがちょっと引っかかりましたけども。


 ・次に、逆選作品(×)を一つ選びます。※必須


×百年と八日目の蝉12
>漠々たる世界で、

 一行モノで攻めるのであれば、もっとトンがったものにしてほしいかなとおもいました。


 ・次点作品(△)を、二つまで選ぶことができます。※選ばなくても良い


△百年と八日目の蝉5
> 気付くとこの地で倒れていた。

 ちょっと長いし、タイトルからも遠いかなとおもいますが、それでもタイトルにこの内容を託すのは、なかなかの意気を感じました。


 ・票を投じない作品も、選外評として選評を書くことができます。※書かなくても良い


 百年と八日目の蝉2
> パッと咲いてパッと散る、はずだった、花火のように。

 パンクとは何かと問われれば、「勝手にしやがれ!」ってことだ、と答えるタチです。パンクを語るにはちょっと能書きが過ぎるかなァ。
 ジョニー・ロットンの声は、確かに蝉っぽいかも。
 ロックもパンクも、これまでに何度も死んでは生き返ってる音楽ですが、60年後にパンクが生き残っていたとしても、ライナーノーツなんてものがまだ残ってるかどうかは甚だ疑わしいですネ。
 

 百年と八日目の蝉6
>いっそ自殺してしまおうか。

 手塚先生のことですかね。
 最後の「後世に遺す」が気になりました。「遺る」ではないですか?


 以上でっす。
 クマゼミのクソやかましい声が、何だか妙に好きな私です。では、脳内亭でした。

【選評】永遠凝視者 - 雪雪

2017/06/29 (Thu) 04:12:19

今回は無理かと思っていましたが、ここにきて時間が空いたので選評させてください。いつも遅くて申し訳ありません。

◎<永遠凝視者2>
> さらさらと流れる川は、名前をひととき川と言います。

ひととき川で始まり、ひととき川で終わるこの物語は、ひととき川でくくられる。
主人公は現在、現実の仕事はしていないのだから、バーベキューのくだりは虚構であり、その虚構の記憶がある夫も自分の好みに合わせた虚構。虚構の夫を捧げることができるなら、竜神さまも虚構。主人公の心は夫から竜神に移っており、虚構の存在からの依頼によって、人柱を調達しているところだが、夫もそれに流用してしまった。
というような解釈は解釈に過ぎないが、そういう解釈に思い至る前にも、ひととき川から語り起こされたこの物語が、ひととき川を迂回して語られ、最期にまたひととき川に言及されて終わるそのとき、物語が異様に思いも寄らぬ方向にふくらみ、氾濫を予感させる。そこが読み処だろう。
パソコンのディスプレイを覗きこんで「この写真、この前人柱にくれた人だよね」と竜神さまが語りかけてくるとき、主人公は、疲れているけど夫にするよりは穏やかに答えるのだろう。
ついでに言えば、虚構の夫が直接話しかけることができる主人公も、いくぶん虚構である。

△<永遠凝視者3>
> ふと立ち止まり、萌えが燃えになるような新緑の中にいた。

この一連の作品群にポジティヴに言及する人は少ない。形式が変わり、稚拙さが目立つ今作に接して、余裕で書き飛ばしているのではなく、なにか切実なものを含んでいることがいっそう伝わってきて、ああこれはラヴレターなのかと思い至った。届かせようという対象が形而上のものか形而下のものかは、わからないけれど。

 ×<永遠凝視者14>
> 望んだところでなれるわけでは無いし、望まなかったからと言って免れるものでも無い。

粒子が降り注いでいるのに、上下の概念に意味がないという意味のなさが意味不明。

【選評】永遠凝視者 - 春名トモコ

2017/06/22 (Thu) 06:38:08

おはようございます。
すみません。昨晩寝てしまいました……。

○<永遠凝視者4>
>一周するのに4分33秒かかるベルトコンベア。
無機質な感じが「永遠」っぽいなと思いました。簡潔なのもいいです。

○<永遠凝視者5>
>春になると土から眼玉が湧いてくる。
映像が浮かんで短編映画を見ているようで面白かったです。

✕<永遠凝視者2>
>さらさらと流れる川は、名前をひととき川と言います。
甘いミルクティの印象が強すぎたのがもったいないなと思いました。捏造マッピングの世界感をもっと読みたかったです。惜しい感じがしたので逆選に。

【選評】永遠凝視者 - 海音寺ジョー

2017/06/21 (Wed) 23:50:18

〇<永遠凝視者1>
>海面から突き出た岩の上に今日も『岩じい』はいる。

最後の段落の、ぐねった感じが良かったです。

○<永遠凝視者15>
>「なんだ死んでも魂あるじゃないか」

自由意志、ビデオ、この世界観、上手に言えなくて申し訳ないですが途方もなくシニカルで妙な説得力に満ちていて、とても良かったです。

×<永遠凝視者10>
>囚人が一名脱獄した。

凝視で穴をあけるという飛躍が、なんといいますか、良かったです。延々と、を永遠と、とする強引さも良かったです。

△<永遠凝視者7>
> サラリーマンが行き交う週明けの駅前に預言者が現れた。

二兆年後の月曜日!すごい発想です。

△<永遠凝視者14>
望んだところでなれるわけでは無いし、望まなかったからと言って免れるものでも無い。

砂時計のイメージが良かったです。



以上です。よろしくお願いします。


【選評】永遠凝視者 - 胡乱舍猫支店

2017/06/21 (Wed) 22:45:09

こんばんは。
梅雨らしくない天気が続きますねとか思っていたら大雨が…。

○<永遠凝視者1>
>海面から突き出た岩の上に今日も『岩じい』はいる。
凝視者という言葉が1番しっくりくる話でした。永遠ということは『岩じい』の願いが叶うことは無いのでしょうが、肉体が朽ち果てて魂(執念?)が解放された時が危ない気がします。それまでに逃げおおせますように>僕

○<永遠凝視者5>
>春になると土から眼玉が湧いてくる。
好みで言えば一番好きです。
永遠の存在に宿っているらしい「眼玉」。凝視と言うより眺めている、眺められてるという感じもしますが瓶に詰めて飾るという発想がいいですね。冬は湖に放すところもいいですね。
この「眼玉」は天然モノで仮の生命に宿に宿っていたものは養殖モノだろうか?とか
色は色々あるのだろうか?とか妄想が膨らみました。(湖のイメージは阿寒湖のマリモっぽい)

×<永遠凝視者10>
>囚人が一名脱獄した。
やり遂げてしまったという事は永遠では無い気がしますのでちょっとお題から遠くなってしまったかな?と申し訳ありません逆選で。

【選評】永遠凝視者 - たなか

2017/06/21 (Wed) 21:21:52

たなかです。よろしくお願いいたします。


○ 永遠凝視者1
>  海面から突き出た岩の上に今日も『岩じい』はいる。大雪の日も、猛暑の日も、岩の上

物語として、とても楽しく読みました。
岩じいのキャラクターも、語り手である「僕」のキャラクターも魅力的。
楽しませていただきましたの、正選でお願いいたします。


×永遠凝視者3
> ふと立ち止まり、萌えが燃えになるような新緑の中にいた。例え、哀が愛に変わりよ

言葉遊びの一種でできあがっている作品と読みました。
試みとしては面白いとは思うのですが、それで出来上がりが面白くなるかというと、
その辺が難しいのが「遊び」の困難なところだと思います。逆選でお願いいたします。


▽ 永遠凝視者6
> わたしを見ろ。わたしを見ろ。わたしを見ろ。わたしを見ろ。わたしを見ろ。わたし

迫力に圧倒されました。最後の「わたしが見てるから」がなければ、
個人的にはもっと好きな作品になっていたように思います。
振り切れない弱さを読み込んで、次点でお願いいたします。


▽永遠凝視者12
>  フランス人・ルイブライユが発明した六点表記法によって日本語点字も六点の凸(突

書かれている事象が事実であるかそうでないかは別の次元の話であり、
ただ、それを一気に読ませる筆力を評価したいと思います。
でも、そこから飛び上がるにはもうひとつ何かがいるのかも。次点でお願いいたします。


○永遠凝視者13
>  あなたが何を見ているのだかは知らないけれど、それはもはや意思といえるだろう

「永遠凝視者」というタイトルに、すんなりとおさまった話だと思いました。
ものすごく私的な話かと思いきや、「かわずとびこむ水の音」で、
世界の位置づけが変わるあたりが、うまいなぁと思いました。正選でお願いいたします。
 


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.