500文字の心臓

トップ > タイトル競作 > 選評掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>選評掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

つみき - ぺぺべぺぺ

2018/07/02 (Mon) 12:33:59

選評が遅くなってしまってすみません。

今回あまりないタイトルに皆さまどんな作品を書かれるのかまったく予想できないまま書き始めたのですが、文字の形そのものをテーマに盛り込んでくるのは完全に予想外でした。

⚪ぺぺぺぺぺ1
>ペンギンが並んでいる。
超短編のような短編小説のような不思議な読後感の作品だと思いました。ありありとその情景が目に浮かぶようなのにラストでは今まで目にして(頭に浮かべて)いたものがペンギンだったのかと疑ってしまうような、まとまりも引きもあっていい作品でした。

⚪ぺぺべぺぺ7
>あの山間から、まもなく満月が顔をだす
しばらく経ってからああそういうことか、と納得がいって爽快な気分になりました。まさに超短編!という短さの良さを最大限活かされてる感じてす。

×ぺぺべぺぺ12
>『母、危篤。ペペペペペ』
個人的にはすごく好きな作品ですが正選というより逆選的な好みだと思ったのでこちらで。母を責めようにも死んでいるし残されたのは間抜けな文字ばかりだしで後味が悪いことこの上ないけど好きです。

選評】ぺぺぺぺぺ - 海音寺ジョー

2018/07/02 (Mon) 09:06:50

遅くなってすみません、海音寺です。


○ぺぺぺぺぺ11
> そんな音が彼女の合図だ。

軽快なバイクのエンジン音が、残酷なストーリーを引きたてて独特の味になってて良かったです。

○<ぺぺぺぺぺ15>
>と、吐き出したスイカの種は、

おじいさんの孤独感がせつないです。全作品の中でいちばんペペペペペ感があるように思いました。

△<ぺぺぺぺぺ13>
>憧れの純白の大地が近づくと、

展開の強引さが好きです。

△<ぺぺぺぺぺ16>私のことはそう呼んでください、とあのひとはいった。

読後、とてもしんみりした気持ちになれた素敵な作品でした。

×<ぺぺぺぺぺ10>
>500文字の心臓というサイトで、

ぺは確かにカタカナでもひらがなでも表記が同じですね。普段気にも留めてませんが、その盲点を突いたすごいアイディアだと思いました。



以上です。よろしくお願いします。


【選評】ぺぺぺぺぺ - つとむュー

2018/07/02 (Mon) 00:37:15

〇<ぺぺぺぺぺ3>
>星間連絡船の中ではぐれてしまったぺぺが
ぺぺぺぺぺをぺぺとぺぺぺに分割する自由な発想が素敵でした。
ペペは一体どんな容姿をしているのか、絵で見てみたくなりました。

〇<ぺぺぺぺぺ12>
>『母、危篤。ペペペペペ』
冒頭の一行のインパクトがすごかったです。
まさか「ぺ」がパターとゴルフボールとは!

△<ぺぺぺぺぺ2>
>雪の上に、見慣れない足跡がある。
足裏がどんな形をしているのか、想像してしまいました(笑)
夜道でその足音がしたら、ちょっと恐いですね。

△<ぺぺぺぺぺ15>
>と、吐き出したスイカの種は、
やっぱり、ぺペペペペといえばスイカの種ですよね~
お題に忠実な、ストレートな作品でした。

×<ぺぺぺぺぺ5>
>「いやー、昼間のお笑い、面白かったな」
絶対に言うなよ、と言われると、言っちゃいますよね(笑)
面白かったのですが、「ぺ」でなくてもいいような気もしたので、
×にさせていただきました。

以上、よろしくお願いいたします。

【選評】ぺぺぺぺぺ - 胡乱舎猫支店

2018/07/02 (Mon) 00:24:16

こんばんは。胡乱舎猫支店です。
ちょっと寝落ちしていてギリギリになってしまいました。

○ぺぺぺぺぺ2
>雪の上に、見慣れない足跡がある
ひらがなかカタカナか音で判断するのがいいですね。足音の主を見て見たいです。

○ぺぺぺぺぺ8
>屋外にある休憩所は喫煙所だけなので
読みが外れていなければラストシーンの擬音が「ぺぺぺぺぺ」って事だと思うのですが、それが面白いなと。


△ぺぺぺぺぺ4
>「お団子おいしいね」
縁側に並びて寝かされている赤子が見えました。

△ぺぺぺぺぺ7
>あの山間から、まもなく満月が顔をだす。
こちらはいかにも超短編って感じでいいですね。

×ぺぺぺぺぺ12
>『母、危篤。ペペペペペ』
自分が読み取れた範囲では一番お題から遠いかなと。いや確かに見えないことは無いですが…う~ん。後、既に父親が正気じゃないからかもしれませんが状況がちょっとよくわからなかったです…それが狙いかな?とも思ったのですが(ナンセンス系?)。申し訳ありません、逆選で。

【選評】ぺぺぺぺぺ miyuu2

2018/07/01 (Sun) 23:49:51

管理人さん・皆様、こんばんは。
今回も皆様の作品が読め、勉強にもなり楽しかったです。

○<ぺぺぺぺぺ13>
>憧れの純白の大地が近づくと、

とにかく、笑えました。私も最後までペンギンだと思っていたので、ペリカンだったとは不意打ちでした。

○<ぺぺぺぺぺ15>
>と、吐き出したスイカの種は、

スイカの種飛ばしには、じいちゃんが缶に当てる事を「凄い」と尊敬し、昔の大切な思い出感が心にぐっと来ました。

実は私にも子供の頃、縁側に座り、父と種飛ばしをした事を思い出しました。誰にでも一度はやった事があると、その時の情景が蘇るような文章で良かったです。

この伝統を孫娘に伝えようとして伝わらず、じいじになったボクの心情が思い浮かぶようです。

△<ぺぺぺぺぺ16>
>私のことはそう呼んでください、

一度もぺとは書いていませんが、地球人が好みそうな宇宙人の名前だと連想させる文章で、主人公の切なさも伝わり、プロの作家さんが書いたような作品だと思いました。

×<ぺぺぺぺぺ10>
>500文字の心臓というサイトで、

この作品を読んで、バグがあるパソコンの思いが伝わりました。どこかに連れて行かれ、さぞかし不安だったと思います。

* 一言です。

<ぺぺぺぺぺ2>
>雪の上に、見慣れない足跡がある。

どんな物なのか、気になりました。妖怪がいいな。

<ぺぺぺぺぺ4>
>「お団子おいしいね」

私は1回読んだだけでは解りませんでしたが、読み手の想像力に任せて、ここまで書けるとは「凄い」の一言です。

ぺぺぺぺぺ7と、兄弟みたいな作品だなと思いました。

【選評】ぺぺぺぺぺ - hyo-tan

2018/07/01 (Sun) 22:17:46

一年数か月ぶりにこんにちは、或いは、はじめまして。

〇ぺぺぺぺぺ1
> ペンギンが並んでいる。
結び、やや説明的過ぎるというか、狙い過ぎというか、そんな感じもしてしまいましたが、でもここがよかったです。


△ぺぺぺぺぺ4
> 「お団子おいしいね」
かわいらしくも広大にパノラマな「ぺぺぺぺぺ」。
私は五つ子をキツネとしてビジュアル化して読みました(笑)


△ぺぺぺぺぺ7
> あの山間から、
超短編を読みなれていない人に「で?」「だから何?」と思われてしまうものに、このタイプの作品があると思います。今回も「4」の作品がが先になかったら、すんなり読み解けなかった可能性もあります。
たとえば、物語の背景や、呪文を唱えて増殖する意義、などがあると、少しは読みやすいのでしょうか。
でも、読みやすくなることが是なのか。そんなことはないんですよね……このあたり、書きながらいつも悩みます。

×>ぺぺぺぺぺ13
憧れの純白の大地が近づくと、氷上をぴょこぴょこと歩く黒い影が見えてきた。
ベのミスは置いておいて。文章のテンポとタイトルがよく合っていてよかったです。
あまり余韻の感じられる結末ではなく、それはここで読みたいものではないので×ですが、一番読みやすく楽しかったです。

〇ぺぺぺぺぺ16
>私のことはそう呼んで
空に向かって呼ぶ想い人の名前としては、間抜け過ぎますね。でも宇宙っぽさはある。クスリと笑えてちょっと怖い。


選外
ぺぺぺぺぺ3
>  星間連絡船の中ではぐれてしまったぺぺが
「ぺぺぺぺぺ」の5つのペを重視したのでしょうか、二つとか五本とか、片方とか、数を把握しなければいけない表現が多くて、若干混乱してしまいました。

ぺぺぺぺぺ8
>  屋外にある休憩所は喫煙所だけなので、
蜻蛉の死骸の形「ぺ」か、撒き落とされた糞が形「ペ」か、或いはその落とされる様子のオノマトペが「ぺ」か、これら全部が「ぺ」か。
ちょっと迷いながら読み、よくわからないままでした。喫煙者だから「ぺ」と痰でも吐くかと思ったらそうではなかった……(笑)

ぺぺぺぺぺ15
>と、吐き出したスイカ 
せ、せつない。いじけたじいじがかわいく切ない……。

【選評】ぺぺぺぺぺ - よもぎ

2018/07/01 (Sun) 19:41:57

よもぎです。暑いです。選評です。

○<ぺぺぺぺぺ16>私のことはそう呼んでください、とあのひとはいった。

タイトルを名前にするなら、どんな名前でもいけるじゃん?というむきもあるかもしれませんが、宇宙人らしいお名前となるとやはりパ行でなければならず、それもパパパパパでは管楽器のスタッカートのようですし、ピピピピピでは小鳥さんのようですし、プププププでは口を抑えて笑いをこらえる人のようですし、ポポポポポでは頰を赤らめる人のようなので、ここはやはりぺぺぺぺぺさんは宇宙人らしいお名前であるなぁと正選に推します。宇宙ネタが被ったのも「ぺぺぺぺぺ」が宇宙を連想させる言葉であることの証だと思いました。そしてこの作品はとてもファンタジーで切ない、王道の恋バナでよいなあと思いました。

○<ぺぺぺぺぺ13>憧れの純白の大地が近づくと、氷上をぴょこぴょこと歩く黒い影が見えてきた。

ペペンギン、ナンセンスでイイですね。クスッとしてほっこりするので正選で。
蛇足ですが、老眼にムチ打ってよーく見ると、
>「ですね。ベリングスハウゼン・ペンギンという種類です」
が、ペッパーの『ぺ』ではなくて、勉強の『べ』になってるのは誤植ですよね。大丈夫です、私のような老眼の予測変換にとっては『べ』も『ぺ』も同じです。

△<ぺぺぺぺぺ4>「お団子おいしいね」
タイポグラフィ的にお題を解釈してくる作品はあると思いました。ストレートにお山とお月さまで可愛いです。何回読んでもドラゴンボールの全王様(cv.こおろぎさとみ)の声で再生されます。

×<ぺぺぺぺぺ5>「いやー、昼間のお笑い、面白かったな」
楽しい作品で○や△候補にしていたのですが、「絶対に言うなよ」「絶対に言うなよ」というフリからの〜言っちゃった!みたいなのを期待してしまったので。すみませんすみません、個人的希望で(汗)


私としてはこんなに被るお題だとは思わなかったんだけどなぁ。。

【選評】ぺぺぺぺぺ - たなか

2018/07/01 (Sun) 04:24:18

たなかです。こんにちは。
また料理の仕方の難しそうなタイトルがきたな、と思っていたのですが、
やはり四苦八苦された方が多かったのでしょうか。
選評する自分も、作品を読みながら、それぞれどう捉えればいいのか悩みました。
うんうん唸りながら、選評です。よろしくお願いします。


○ぺぺぺぺぺ1
>  ペンギンが並んでいる。

ペンギンを登場させた作品のなかでは、いちばん面白く読めました。
「ぺ」をひとつずつ指していく行為も楽しく、何より最後の文がとてもいいと思いました。
丁寧な描写は読んでいて気持ちがよかったです。正選でお願いします。


○ぺぺぺぺぺ2
>  雪の上に、見慣れない足跡がある。いや、本当に足跡なのかどうかはわからない。

「ぺ」を足跡でもあり、かつ、足音でもあると捉えているのが面白いと思いました。
また、その「ぺ」を「ひらがなだ」と断定するところ、楽しいです。
文字を文字のまま捉える作風に惹かれました。正選でお願いします。


△ぺぺぺぺぺ8
>  屋外にある休憩所は喫煙所だけなので、煙草を吸わない僕も昼はそこに屯する。外

すごく丁寧にできあがった小品だと思いました。燕の様子もおばちゃんの様子も、
主人公の現在も重ねた丁寧な語りで存在感をもって描かれ、安心して読めました。
難を言えばタイトルの軽い印象に内容がそぐわないことでしょうか。次点でお願いします。


×ぺぺぺぺぺ10
> 500文字の心臓というサイトで、お題として出されたタイトルの作品を投稿して競うタ

楽屋落ちの作品は、よほどうまくはまらないと、書いた当人だけが面白いと思うものに、
おさまってしまうと思います。タイトルの処理もうまく汲み取れず、読み方に困りました。
逆選狙いの作品なのかなと思ったので迷ったのですが、ここは素直に逆選でお願いします。


△ぺぺぺぺぺ11
>  そんな音が彼女の合図だ。坂下から聞こえてきたら、みんな一目散に逃げ出す。彼

Vespa のもつおしゃれ感と、おそらく死神と思われる「彼女」の軽やかな残酷さとが、
うまくマッチしていて、排気音というタイトルの捉え方があったのかと、驚きました。
「彼女」が「僕」を手にかけない理由がもう少しあればよかったか。次点でお願いします。

【選評】ぺぺぺぺぺ - 森野 照葉

2018/06/27 (Wed) 23:52:51

うぇいよー、ペペ桜井です。ギター漫談やります。
嘘です。ペペ・モウリーノ・テルーハーでございます。

ざっと作品を見た感じですと、被ってる&ぺぺぺぺぺに寄りすぎで、正直、全部の作品を見ての感想は、

無いわ、今回、無いわ。。。。。
          へへへへへ
  

だったんですが、

玉響の渦の極致に、時の大音声を告げる小商人の塔が、麗しき波、燦燦と注がれる水と光。心は真なりて新なるが故に芯。身体の無に放たれる時空の跫音が、亜と是を成さんと有限を無限へと圧縮し、無限から圧縮へと解凍されるzipファイルこそデジタル。

あくせくと
はたらくひとの
あせひとつ
こぼれおちたら
くさのようぶん

ふんどしと、屋根屋の向かいに木魂する、金と銀の歴史に心を穿たれ、忘却の彼方から亡霊がやって参る。人生と棒は振るものだと教えられた負け犬どもが、吠えるようだと哀れなり、空を、虹を、桜を。

と思ったので、選評です。

◎ぺぺぺぺぺ9
>心と魂の流露に、僻地は愛を求める。

冷静になって分析したんですけどね、やっぱあんたすげぇよ。なぎさ◎◎◎さん。それを理解する僕も、当然すげぇよ。何がすげぇか分かんねぇところがすげぇ。

×ぺぺぺぺぺ1
>ペンギンが並んでいる。

ペンギンのぺの字も知らないのではないか、と感じさせる作品。まず、最初の一文で並んでいるのが横か縦なのか最初にはっきりさせないと、『彼らの先頭に立つ』の意味が分かりません。
ああ、縦一列に並んでるのかと分かったのも束の間、次の文の『ファーストペンギン』に思わず「は?」となりました。語感が良いからチョイスした感があって、寒気がしました。地球にとってのファースト?この書き手にとってのファースト?ってか、ファーストにする意味ある?なぜ「私が最初に出会ったペンギン」じゃダメなの?
いやー、こういう気配りの無い文章には辟易桃ノ木山椒の木です。
もうほぼ「ぺ」以降、何も考えずに書いてるな、という感じでした。
もしも、『次から次へと同じことを繰り返した』とするならば、縦一列じゃペンギン可哀そうじゃん。書き手が人差し指出して、最初のファーストペンギン(笑)が横にどいたのか、どかせたのか、やたら腕が長い書き手なのか。
だったら最初から横一列に並んでいて、五羽いて、実は家族で、ペーの一族とか、ペーミン谷に住んでるとか、夜逃げ中だとか、ペンギンに姿を変えられたばかりの人間で、ペーペーだとか、物語に捻りが無いっす。

正直、想像する手立てがなくて、文字だけの物語になってしまっている。それじゃ勿体ない。
あと、ペンギンはくわっとは鳴かない。書き手がそう思ったのだとしても、アヒルじゃないんだから(笑)
アーとか、生まれたてのペンギンならホイッスルみたいなピーピー、大人ならグアーです。
淡々と何も考えずに書いたと僕は思いました。残念です。


【総評】
意味が無い物語が多く、全体的に被り、突出した作品は無いな、というところが正直な感想です。
まぁ、今回久しぶりの投稿だったんですけど、やっぱりこう、まだハッとさせられるものが無いなと思いました。あと、サイトの選評者様方の好みとしては【SFチック】な物が好きなんだろうなぁ、という印象を受けました。

選評なので思ったことは素直に書きます。
それをどう思うかは書き手さん自身ですので。
次書くかも気分次第です。

それでは、またの機会にアディオー

【選評】ぺぺぺぺぺ - 磯村咲

2018/06/27 (Wed) 22:25:46

〇<ぺぺぺぺぺ4>
>「お団子おいしいね」

五つ子(のセリフ)の配置とその先にある山と月の見立てがシンプルで、とても効果的で面白かったです。


〇<ぺぺぺぺぺ7>
> あの山間から、まもなく満月が顔をだす。その時、呪文をとなえよ。さすれ

まだ実現していない光景の見立てだというのが素晴らしい。呪文という発想で文字の音と形の両方が生きていて感心しました。


△<ぺぺぺぺぺ6>
>……あ……そっか、もう誰も起こしてくれないんだっけ。

そのトーンだったか、ありだー、と感心しました。


×<ぺぺぺぺぺ12>
>『母、危篤。ペペペペペ』

永子さんの評を読むまでゴルフクラブの見立てだとわかりませんでした。


<ぺぺぺぺぺ11>
軽快なエンジン音とともに鎌を振り上げる彼女は何者なのですか。
”残念ながら、僕は明日も彼女を見送る”ことがわかっているのは何故ですか。
とわからないことだらけの作品でしたが、リズムがよくて好きです。

<ぺぺぺぺぺ14>
昔、「ちっ」ていう舌打ちの描写、本当に「ちっ」って声に出して言っているのだと思っていた。
ぺ、はつらい。描写も構成も上手い作品なのでよりとてもつらいです。

以上です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.