500文字の心臓

トップ > タイトル競作 > 選評掲示板

短さは蝶だ。短さは未来だ。

500文字の心臓>選評掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

【選評】投網観光開発 - 海音寺ジョー

2017/04/28 (Fri) 01:41:43

遅くなってすみません、海音寺です。

○投網観光開発1
>妙に虫がいると思ったら網戸の目が粗かった

幻想的なラストが良かったです。

△投網観光開発2
>リソースが潤沢

火山で物見遊山というのが良いアイディアだと思いました。

×投網観光開発8
>朝礼を永遠に振興する一族郎

リズムが良かったです。このタイトルでこんな話が!という驚きがありました。

○投網観光開発11
>当地の資源は比喩に限ら

いったい何処のどんな資源なのか、良く分からなかったのですが、心の無意識の部分を肘でぐいぐい突かれるような妖しさに強く惹かれました。

△投網観光開発15
>小さな漁村、茨北村に若者が押し

ポキモンは茨北村にもいるのですね!!


以上です。よろしくお願いします。

【選評】投網観光開発 - まつじ

2017/04/27 (Thu) 19:53:34

こんにちは、まつじです。遅ればせまして失礼ながら、まつじです。

<投網観光開発1>妙に虫がいる
 つかぁさい。リズムがいいんですかね、読みやすかったです。「標準装備」の遊びもあって、緩急がつけられているように思えます。

●<投網観光開発2>リソースが潤沢
 転んでもただでは起きない。もの好きはどこにでもいるものです。惑星がどうなろうと知らぬ、という人間様の感じがたまりませんね。

<投網観光開発3>草木も眠る丑
 些事ですが「カウント」の連続使用が目についたり、こんな装置が作れるなら、航空開発必要だろうか…なんて。お話自体はかわいらしいですが、もう少々削ぎ落したほうが私は好みです。

<投網観光開発4>景気低迷により観光需要が頭打ちの
 社名が、ありそう(笑。ぱっと読み、どういう仕組みで収益を上げているのか分からないですが…。発想は面白いけど、「違法食材」は雑な気も。いや、案外そんなものですかね世間は。

<投網観光開発5>丸太を使ってログハウスを模し
 意味のわからないタイトルを逆手にとった面白さがある反面、タイトルとしてのしっくり感は弱く思えます。とはいえ読み口よく、少しの意地悪もあり、楽しい作品です。
 
<投網観光開発6>「この壁画が何を描い
 どういう状況なら壁画トークに持ち込めるのか考えてしまいました。怖いですね。妻、すでに捕獲されているのではないかと思われます。

<投網観光開発7>新鮮な海の幸と天
 たしかに、リピーターというのは軽度の依存状態にあるとも言えますね。一番大変そうな「攫う」った後の処理がさらっと書かれていて逆に怖い。

▲<投網観光開発8>朝礼を永遠に振興する
 語られていることも興味深いのですが、「正式名称」のあたり少々冗長に感じてしまいました。語り口が面白く、「建物のように見える視野で、」などの表現が素敵です。

<投網観光開発9>銀河観光庁に異変の知らせ
 無人観測ブイがお気に入り。まだまだ知らないことがあるなあ。個人的な好みをいえば、鯨だとなんとなく既視感があるので、別の魚群とかでも面白かったかもなどと思います。

<投網観光開発10>美しい光の、永遠から言霊
 このタイトルからもこのスタイルで逃げない、という点を買います。愛なのか夢なのか、もともと一貫したテーマとスタイルがあって、それをタイトルに即して(?)作っているようにも思われます。「一つと多の違い」は、「一と多」または「一多」などの方がしっくり来る気がしますが、いかがですか余計なお世話ですか。

<投網観光開発11>当地の資源は比喩に限ら
 「る」文末がなんかこう、地味に強いですね。短いのに、書き様で個性が出ていて面白いです。内容はいまひとつ掴めてはいないのに、私の感覚にガシガシひっかかる書き様の不思議。

<投網観光開発12>穏やかな風が、沙漠に波
 語られている物語の雰囲気とタイトルがそぐわないように感じましたが、描かれている世界と情景は綺麗ですね。「一瞬細めた」の近くにいる「一瞬で判断した」など、もう少々文章を丁寧にシェイプアップすると、より美しくなるのではないでしょうか。

×<投網観光開発13>三名の老人が、俺の前の丈高い草
 気になるのは、キラリと光る「ウソが飛んだ」でしょうか。しかしウホ取り楽しそうですね、ウホ体験できるのでしょうか。「町おこし」はいいけれど、猟師の数が足りなさそう。後継者求みます。いや、そのためにも町おこしか。

▲<投網観光開発14>ぼくの町には大きな湖
 観光開発自体は先に行われた感があるというか、特殊投網による観光維持といった様相。投網をちょっと無理して使ったようにも思えるが、「夜な夜な同窓会」や「編み出した踊り」などのフレーズにくすぐられてしまいます。

●<投網観光開発15>小さな漁村、茨北村に若者が押し
 Oh…ポキモン!楽しそうですね。最後ちゃんと漁村らしい結末もあり、なんというか風通しのいい妙な爽やかさ。実は過不足ない文、が良い。巡査、出世したかなあ。関係ないか。

【選評】投網観光開発 - 千百十一

2017/04/27 (Thu) 00:21:42

「俳句と超短編」東京文フリF-44(詩歌コーナーですが)にて新刊発売します!
というのは、宣伝 兼 書けなかった言い訳なんですが
このサイトの管理人さんが装幀と組版をしてくれている
「俳句と超短編」vol.5~置き逃げ俳句 逃げ切れ超短編~をよろしくお願いします。


○3
>草木も眠る丑三つ時。
祝祭的な雰囲気が良い。最後まで明るく行くのかと思ったら国が出てくるのかあ。

○15
>小さな漁村、茨北村に
例のゲームから一歩進めて、道具の方も現実から取り入れるという、まるで実現しそうな発想が面白いと思いました。

△9
>銀河観光庁に異変の知らせが来た。
星間鯨の名前と歌声を桜に取り合わせて、絵として綺麗だと思います。でもタイトルからすると、観光資源にされてしまうのだろうか。
この網はむしろ定置網では、という気がしたので次点に。

×5
>丸太を使って
お題の言葉を出さないというチャレンジに敬意を表しますが、このやりとりだと投網が暗示できていないのでは。。。

無題 - koro

2017/04/26 (Wed) 23:50:31

こんばんは。すごく久しぶりにきたのですが、やっぱり楽しい作品がたくさんありました。読めて良かったです。

◎≪投網観光開発7≫
>新鮮な海の
生きるって、すてきだねの最後の一文が特に好きです。魚から見たら人間ってこんな感じなのですかね。面白いなぁ。こんなふうな発想がほしいのと、短い物語にギュっと楽しさが詰め込まれているところが素敵です。

△≪投網観光開発15≫
>小さな漁村
ポキモン捕まえに茨木村に行きたい! 投網の魅力に取り憑かれたいですね。行ってみたいって思わせるような物語。観光開発として大成功だと思います。

×≪投網観光開発10≫
>美しい光
逆順なのか。よくわからないけど美しい言葉が連なって、得体のしれない魅力を醸し出していました。水の輪が広がっていくように心にもモワンと何かが伝わってくる感じです。何を言っているのか私には理解できないのですが、そこが好き。UFO系が確かに今回、多いですけど何だかこの作品も宇宙人と交信しているようなそんな印象を受けました。タイトルをこんな感じで遊ぶなんて何てイヤらしい作者なの!

【選評】投網観光開発 - 胡乱舍猫支店

2017/04/26 (Wed) 22:53:54

某イベントのせいで回文づいている胡乱舎猫支店です。回文で選評出来ないかな?とか思いましたが全くダメだったので諦めました…(遅れた言い訳)。いや、回文どころか書くのも選ぶのもまたまた難しいお題でした…。

○投網観光開発1
>妙に虫がいると思ったら網戸の目が粗かった
網がやたら出てくるのがちょっとくどい感じもしましたが、そこは一途に投網で観光を開発しているってことですよね。前半のコミカルな感じと後半のギャップが面白いしお題にぴったりだと思いました。投網の風呂と自衛隊車両がどう言う状況なのか気になります。

○投網観光開発4
>景気低迷により観光需要が頭打ちの中
これもしっかり投網で観光開発していますね。オチも好みです。

×投網観光開発12
>穏やかな風が、沙漠に波のような紋を描くと
うーん、好みの文章なのですが(ボーイミーツガールはちと苦手ですが…)、お題からは遠い気がします(あくまでも自分基準ですが)。申し訳ありません、逆選で。

【選評】投網観光開発 - つとむュー

2017/04/21 (Fri) 23:55:36

「投網」と「観光」と「開発」の真ん中に来るような作品を目指してみましたが、
無理でした(泣)
自分は「投網を用いた観光」という先入観から抜け出せなかったので、
皆さんのアイディアに脱帽です。

〇<投網観光開発1>
>妙に虫がいると思ったら網戸の目が粗かった。
まさか、リピーターを増やすために投網が使われるとは!
このアイディアが面白かったです。

〇<投網観光開発3>
>草木も眠る丑三つ時。
いくつかあったUFOネタの中でも、分かりやすくてストレートな作品でした。
お客さんの目当ては星というのが観光らしかったです。

△<投網観光開発4>
>景気低迷により観光需要が頭打ちの中、
この作品も、観光に来てほしい人を投網で捕まえるストーリーでした。
もう来ちゃってる人を捕まえているような気がしたので△にしました。
(読み間違いならスイマセン)

△<投網観光開発6>
>「この壁画が何を描いたものであるかについては、
いいですね、《竜には竜を投げよ》。まるでモンハンみたいです。
モンハンにも、投網という武器が追加されたら面白いのに・・・

×<投網観光開発12>
>穏やかな風が、沙漠に波のような紋を描くと、
とても好きなストーリーでした。
「お願い。海を還して」というセリフにぐっときました。
観光と開発が弱かったような気がしたので×にさせていただきました。

以上、よろしくお願いいたします。

【選評】投網観光開発 - 磯村咲

2017/04/20 (Thu) 16:34:06

はからずも「観光マインド」が試されてしまいました。
×を選ぶのがこんなに大変だった回は今までにありません。
パワースポットが出てこなかったのがよかった。

◎<投網観光開発8>
>朝礼を永遠に振興する一族郎党。

文字による文字の羅列による街区の観光開発が行われている。最初も再読時も同じ文字を見ているのに。
どうしてこんなのを思いつき、作品に仕上げられるのですか。
人名は文字列として選定されたものなのでしょうか。なんか独特なラインナップなので気になります。


×<投網観光開発14>
 ぼくの町には大きな湖があって、湖岸には高級旅館が建ち並んでいる。湖に

この作品にタイトルをつけるとしたら『投網観光開発』ではないと思います。

【選評】投網観光開発 - 瀬川潮♭

2017/04/20 (Thu) 11:01:58

 ふらっと、瀬川です。

「俺、今回の戦いで逆選王になったらもっと一番ひどいタイトル提案するんだ」←

 それはそれとして、このタイトルでないとおそらく書かないであろう作品が生まれるというのは大変ありがたいことです。出来の良しあしは別にして。
 というか、むしろいい感じの作品が多いような?


<投網観光開発1>
>妙に虫がいると思ったら
 投網の網の目ってどのくらいだろうと思ったりも。
 ともかく、投げてる感じはないのがちょっとなぁとも。

<投網観光開発2>
>リソースが潤沢となった現在におい
 抛物って何、とか思ったけど、これが投げてる感か?
 たいそうなことをやってる割に足元がお留守感は嫌いではないのです。

<投網観光開発3>
>草木も眠る丑三つ時。人口千人足らずの村に
 ちりめんモンスターが商標登録されていたことに愕然としたことがありますが、そんな楽しみですね。
 と思ったらUFOは国家機関に出荷……。
 字面はいいけど、そっちのが個人的には欲しいなぁ。

<投網観光開発4>
>景気低迷により観光需要が頭打ちの
 施設利用者=旅行客の心理描写が欲しいところです。
 くわえて記憶を消す、より依存性が、とかの方が好みだけど……よくある手か。

△<投網観光開発5>
>丸太を使ってログハウスを模した看板には
 最近の正選王作品の系統に近い手法でさすがにそろそろなぁという感覚があります。面白いんですけどね♪
 わいわいほのぼのした感じ、好き。

<投網観光開発6>
>「この壁画が何を描いたものであるかについ
 伏線は分かった。
 その伏線を受けるものが……ないっ!(涙

<投網観光開発7>
>新鮮な海の幸と天然温泉を観光資源に
 漬け込んでって、オイ!
 でも欲望がとっても伝わり良かったです。

×<投網観光開発8>
>朝礼を永遠に振興する一族郎
 分かりやすい後段の例示でそのまま終了。逃げられた感たっぷりです。
 でもともかく面白かったです。
 タイトルあんまり関係ないのでお望み通り×の方で。

<投網観光開発9>
>銀河観光庁に異変の知らせが来た。ウ29M7
 観光庁の管轄なのか、と愕然としたり。
 ラスト。一枚絵としては申し分ないのですが、ここで終わるのはもったいないような、でも続けるのは野暮のような。

<投網観光開発10>
>美しい光の、永遠から言霊に至る夢の
 前後段はいつものとおりついて行けませんでした。
 短歌部分。
 綺麗で余韻はあるのですがやや一直線すぎかなぁとも。
 短歌はどうこう言えないので、一感想として。
 前後段の部分にも似た傾向があるのですが、やはり一直線もしくは単調で面白みがねぇ。個性だと言われればそれはそれで良いと思うのであまりお気になさらないでください。

<投網観光開発11>
>当地の資源は比喩に限られるとはいえ
 隠して蝙蝠は夜に飛ぶ、な感じか。
 蝙蝠とはもちろん比喩であり、ねずみ男君は一体どっちの味方だ?

<投網観光開発12>
>穏やかな風が、沙漠に波のような紋を描
 むしろ地に足の付かない感じはとっても出てるんですが……おそらく作者の狙った効果ではないのだろうなぁとか。

△<投網観光開発13>
>三名の老人が、俺の前の丈高い草むらに、ひそんで
 雑誌「ムー」の15年くらい前の号には、「これが米国軍事基地近くで撮影された最新のUFO写真だ。もしも宇宙人の乗り物なら宇宙人の身長は数センチ!」という写真がありました。現在のドローンです。
 ともかく、楽しく読ませていただきました。

○<投網観光開発14>
>ぼくの町には大きな湖があって、湖岸には高級旅館が建ち
 「湖にいる微生物を絡めて作用を起こし、水を発生させる」って……。
 そっちの方が地道に商売になるんでない?
 とにかく、祈祷の舞いとの対比がとっても面白かったです。

○<投網観光開発15>
>小さな漁村、茨北村に若者が押し寄せるようになったのは
 派出所より駐在所の方がいいような気はしますがそれはそれ。
 というか、スマホで調べる巡査……(
 軽くてほのぼの。とっても面白かったです。


 以上、よろしくお願いします。

【選評】投網観光開発】 - 脳内亭

2017/04/19 (Wed) 23:59:51

 コンバンハ、脳内亭です。

 正直に申し上げまして、これまで参加してきた中で一番ひどいタイトルだとおもいました。
 一体どーせいっちゅーんじゃというようなムチャブリ極まりないタイトルで、決まっちゃったもんは仕方ないから書くには書きましたけどね、ええ。

 たぶんあるんじゃないかなとおもった、「人を捕獲」「宇宙で星を捕獲」ネタはまァ、ある程度予想どおりでしたけども、肝心の「魚を捕獲」ネタがないのが逆に面白かったです。

 今回はほとんど好みだけでしか選んでないですが、では選評です。よろしく願います。



○投網観光開発7
> 新鮮な海の幸と天然温泉を観光資源にするのはよいとして、

 消去法で○。最後の一行が効いてるとおもいます。


○投網観光開発14
> ぼくの町には大きな湖があって、湖岸には高級旅館が建ち並んでいる。

 消去法で○。もう少し何か事件的なものが起こった方が良かったかなとおもいました。
 関係ないですが、「クエスト/伝説の冒険」という昔の映画を少しおもい出したりなんかしました。


×投網観光開発12
> 穏やかな風が、沙漠に波のような紋を描くと、少年は、それまで立っていた丘をくだった。

 申し訳ないですが、こういう話や文章はどうも苦手でして、うまいこと入っていけなかったです。


 以上でっす。
 では、脳内亭でした。

【選評】投網観光開発 - よもぎ

2017/04/19 (Wed) 19:13:20

すまん。今回も書き上げられませんでした。よもぎです。選評のみです。

◯<投網1>妙に虫がいると思ったら網戸の目が粗かった。
錘とか、絡めとるとか、投網を連想させる言葉が活きています。
最後の1行の余韻もいい。この村のリピーターになっちゃうんだろうなぁ◯

◯<投網3>草木も眠る丑三つ時。
いいですねぇ!夜空にパアッと広がる投網。みんなで網をたぐって、おみやげつき!この村に行きたくなります。村おこしだけでなく国の宇宙開発も担っているのが素晴らしいです。投網も観光も開発もちゃんと描かれていて◯

△<投網13>三名の老人が、俺の前の丈高い草むらに、ひそんでいる。
三名の老人、新米の観光開発課の俺、町おこし。。。
(うわあ、自分の書きかけと丸かぶりだー。よかったー出さなくてー)
書き上げたあなたは偉い!そうかーUFO捕っちゃったかー!いいね!△

×<投網15>
ポキモンVR!www
>ポキモンを捕まえる道具は、実物の写真を三方向から
このアイデアが立体を立ち上げるのに必要なカンジでリアリティありますねー。
でもまあやっぱりポキモンVRで町おこしであって投網観光ではないので×かなぁ。でもこの作者さんだけが「網を打つ」と表現していたので良いと思いました。
投網は「打つ」もんなんだよね。


競作に参加してこそ選評期間がワクワク過ごせるとわかっちゃいるのだがー。
でもまあ作品は出せなくても選評はするよ。読むのは楽しいもん。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.